ユタ・ジャズ信者のブログ

Utah JAZZを一生懸命応援するブログ
ヘイワードとの契約延長は合意に至らず
JUGEMテーマ:NBA

ヘイワードとの契約延長交渉は合意に至らず、彼は来夏に制限付きFAになることが決まりました。フェイバースと同時に契約延長しなかった時点で「もしや…」と少し感じていたので、大きなショックは無いです。そもそも、これでヘイワードがチームを去る訳ではなく、彼は今シーズンもジャズの契約下にあり、しかもチームリーダーです。また、彼が今シーズン素晴らしい活躍を見せて来夏に他チームが高額オファーをしてきても、ジャズはそのオファーにマッチして契約を更新すれば良いだけです。(他チームがオファーできる条件の上限は4年/57milで5年契約は無し、ジャズはヘイワードに最高で4年/61milか5年/78.8milで契約更新することができます)
つまり、ヘイワードとしては今シーズンを怪我も無く最高の成績で終えなければいけない「いばらの道(ゲームの世界でいうとHARD MODE)」を選んだことになります。彼は賢い男なので、それを達成できる自信があっての決断だと思います。彼の成長と、今後もずっとジャズのリーダーとしてチームを引っ張ることを期待したいですね!

さて、シーズン初戦のOKC戦は惜しくも3点差で負けてしまいました。ヘイワードのファールトラブル(KDがわざと腕をひっかけたのとフィッシャーのテイクチャージによる2ファールは納得いきません)と、チームのTO (特にパスミス)とFT成功率の低さが仇となった感じです。あと、これはプレシーズンから感じていたのですが、若さからくる試合終盤の勝負弱さがあります。この点は、今後の経験で改善できると思います。
それにしても、試合自体は負けても凄く楽しめますね!ボールもよく回るし、全員が臆する事無く活き活きとプレイしてますから。さっそくバークスがMIP級の活躍をしてくれましたし、フェイバス、カンター、ゴベールの若手インサイドには大きな可能性を感じました。ヘイワードもファールさえ無ければ後半もリズムを維持できていたはずです。あとはバークの復帰を待つばかりです。
ティンズリーはまだ実戦の感覚が戻っていないのもありますし、しばらくは教育係に専念してもいいかもしれません。特に今はヘイワードやバークスがパスの供給役になっているので、PGはシュータータイプのルーカス&クラークでも面白いかと…。
一部で、キングスとのトレードでジマーの獲得を希望している6チームの中にジャズも入っているとの噂もありますが、どうですかね?確かにシュータータイプのPGは今のジャズにフィットするとは思いますが。
| 2013オフシーズン | 15:39 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
月刊HOOP12月号にジャズの記事を書きました
JUGEMテーマ:NBA

現在発売中の月刊HOOP12月号に、ジャズの若手がレジェンドと過ごした今夏のストーリーを寄稿しました。現在、全メディアの中でおそらく唯一ジャズのことを明るく書いている記事だと思うので、ぜひご購読ください!(笑)

さて、今日デリック・フェイバースの契約延長の記者会見がありました。その中で一番印象に残ったのが、リンゼイGMが語ってくれた、フェイバースのエージェントのストーリーです。フェイバースのエージェントが契約交渉の席で最初にチーム側に言ったのは、お金の話ではなく「チームは若手中心選手たち(young core)をキープしてくれるのか?」ということだったそうです。これは当然フェイバースの気持ちを代弁した言葉ですから、彼がどれだけ今の若手メンバーに居心地の良さとケミストリー、そして「強いチームになれる」という手応えを感じているかがわかります。ヘイワードとも、何年もチームメイトとして過ごし、今夏もUSA代表キャンプに一緒に参加したりと、非常に良い関係が築けているそうです。ジャズの首脳陣もフェイバース、ヘイワード、カンター、バークス、バークを中心にチームを作る計画をたてており、カンターとバークスの契約延長も進めるつもりだと明言しました。ヘイワードの契約も早くまとめてほしいですね!

ジャズの開幕は日本時間10月31日。ホームでOKCとの対戦です。ビードリンスが練習中に足首を捻挫したので、既に怪我をしていたバークとラッシュとマービンとエバンスも除いた以下のようなベンチ入りメンバーで開幕を迎えます。
PG ルーカス/ティンズリー
SG RJ/バークス/クラーク
SF ヘイワード/ハリス
PF フェイバース
C  カンター/ゴベール
明らかに層は薄いですが、そのぶん若手のプレイがたくさん見られそうで、楽しみです!

それから、あのジョン・ストックトンが自伝「Assisted」を発売します!なんと11月15日と16日にはソルトレイクでサイン会も開かれるとのこと。現地の人達が羨ましすぎる!


(月刊HOOP12月号より)
| 2013オフシーズン | 18:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ユタ・ジャズの開幕ロスターが決まりました
 JUGEMテーマ:NBA

ジャズは、スコット・マチャド、レスター・ハドソン、ジャスティン・ホリデー、ドミニク・マグワイア、ブライアン・クックをカットしました。これで、おそらくマイク・ハリスがロスターに残ることになりそうです。バックアップPGとしてティンズリーと契約したので、これで15人のロスターが埋まったことになり、怪我のバーク、マービン、ラッシュ、エバンスを除いた11人で開幕を迎えることになります。
気になるのは先発PGについてです。本来ならば当然バークなのですが、御存じのように怪我のため復帰はまだ先になります。プレシーズンではルーカスが先発していたのですが、彼はどちらかというと点取り屋なので、先発を任せるのはちょっと…という感じでした。そこでチームはティンズリーに白羽の矢を立てたと思うのですが、その判断は良かったと思います。ティンズリー自身も「自分はジャズのシステムに合っている」と話している通り、パスを第一に考えている彼を先発にする方が良さそうです。(とはいえ、ティンズリーはキャンプにも参加していなかったので、コンディションが万全でなければ先発は難しいですが…。)ティンズリーといえば、若い頃はなかなかヤンチャだった印象がありますが、現在は試合開始前に熱心に先発PGの1on1の相手やリバウンドの返球役をするなど、チームに献身的な模範的なベテラン選手に成長しています。彼のようなベテランがチームに加わることは、バークにとっても大きいと思います。

さて、ジャズはプレシーズンゲームを7連敗して1勝7敗で終えました。プレシーズンなのでそもそも勝敗は関係ないですし、若い選手のプレイが沢山見れたので充分楽しめました。ヘイワードは更にステップアップしてオールラウンドなチーム・リーダーに成長しましたし、フェイバースはディフェンダー&リバウンダーとして成長して、シュートにも改善が見られます。カンターとバークスは中と外の得点源として期待が持てますし、ゴベールとクラークも随所に光るプレイがありましたね。ゴベールはまだ動きも鈍くてパワーも無いしハンドリングも良くないですが、あの”長さ”はディフェンス面でかなり魅力なので、「3番手のビッグマン」としてビードリンス以上に出場時間をもらえるかもしれません。

今のメンバーだと、3Q4Q(特に終盤)に若さからくるモロさが出てしまい、なかなか勝てない日々が続きそうですが、勝敗ではなく若手のキラリと光るプレイを楽しんでシーズンを過ごそうと思います。
…早くバークが帰ってくるといいなぁ〜。
| 2013オフシーズン | 02:35 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
フェイバースは4年49milで契約延長の模様
 JUGEMテーマ:NBA

フェイバースは4年49milで契約延長するようです。これでフェイバースはあっという間にミルサップ以上のサラリーを貰うことになったわけですが、もともとドラフト3位だったことと、彼のポテンシャルを考えると妥当かと思います。現時点の活躍度合を考えると、ヘイワードはもう少し高額な契約になるかもしれませんね。今後もしカンターとバークスとバークにも同程度のサラリーを支払うと数年後には5人で60mil以上になりますが、これはスモールマーケットのユタ・ジャズには難しい額だと思います。ユタと同じくらいスモールマーケットのオクラホマシティー・サンダーは、高額契約を連発したせいでハーデンを泣く泣く放出することになり、今シーズンも補強がままならない状況です。
来オフのドラフトピックを絡めた動きなど、これから数年のジャズの契約関係からは目が離せませんね。

| 2013オフシーズン | 13:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ジャズからメンバーカードが送られてきました
JUGEMテーマ:NBA
 
気になるバークの怪我ですが、昨日ソルトレイクシティーで無事手術が成功し、4〜6週間で復帰できるかもしれないとのことです。しかし、これはあくまで手術直後の予想です。3週間後の術後検査で正確な復帰時期が診断されるようですので、それまでゆっくり待ちたいと思います。

さて、今日のブレイザーズとのプレシーズンゲームでは、カンターとヘイワードとフェイバースが良かったですね!インサイドは、「得点のカンター&ディフェンスとリバウンドのフェイバース」というそれぞれのカラーが良く出ていますね。2人ともビッグマンとしては機動力が高いので、あまりローポストからバックダウンで攻めるのではなく、ピック&ロールからの合わせを多用してほしいです。特にカンターはピック&ポップからミドルも打てますから、相手ディフェンダーは苦労すると思います。
ヘイワードは自身もチームの得点源になることを意識しているだけに、以前よりも格段に積極的になりましたね。この夏は、ゴールにアタックした時のフィニッシュの精度も高めたので、ドライブインから得点しても良し、本来持っているパスセンスを活かしてパスアウトするも良しと、より楽しみな選手になりました。前のブログ記事でも書きましたが、ヘイワードは今シーズン何度かトリプルダブルを記録すると思います!

今日の終盤の勝負所で感じたのは「今後は、誰が最後にゲームを締めくくるのか」という点ですね。少し前ならデロンが、昨シーズンまではアルがその役割を担っていました。おそらく今後はヘイワードかバークスかバークのアイソレーションを基本に、状況によってはカンターかフェイバースが合わせる形になると思います。しかし、誰がボールを保持するにしても、圧倒的に経験不足なので今シーズンは勝ち切れる試合は少ないかもしれませんね。ここら辺は暖かく見守っていきたいです。

残りの2つのロスタースポットを争う7選手ですが、今日の試合ではPGのハドソンがインパクトを残しましたね。ハドソンとマチャドとマグワイアとホリデーの中から2人が残るかなぁとは思っているのですが、まだまだ伏兵が現れるかもしれませんね。面白くなってきました。

そして、僕は今シーズンから思い切ってジャズのシーズンチケットホルダーになったのですが、本日ジャズから国際郵便でシーズンチケットホルダーのメンバーカードが届きました!1席1000円程度の安いシーズンチケットなのですが、こういうカードを貰えるとテンションが上がります!パッと見はレンタルビデオ屋の会員証ですが(笑)


| 2013オフシーズン | 00:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ おすすめ

現地取材のプチ裏話とイラストを寄稿しています!
良かったらチェックしてみて下さい♪


現地観戦ガイドの記事を書いています!
初めて現地観戦する方にオススメです!


11月1日発売ですよ〜!
+ google
このページの先頭へ