ユタ・ジャズ信者のブログ

Utah JAZZを一生懸命応援するブログ
<< ウォーリアーズに負けて5割に逆戻り | main | 西地区9位 >>
2013年
JUGEMテーマ:NBA
 
昨年の最後はクリッパーズに2連敗を含む3連敗で終わったので非常に嫌な気分だったのですが、今年に入ってからは3勝1敗とまずまずのスタートを切りました。負けたナゲッツ戦の内容は酷かったのですが、勝った3試合は内容が良かったので今後に期待が持てそうです。モーに加えてマービンも今日からのロード3連戦は欠場となりますのでメンバー的には厳しくなりそうですが、今回の東ロード3連戦は相手に恵まれていますので最悪でも2勝1敗で帰ってきて、続くホームでのヒート戦に備えてほしいです!マービンに代わってDリーグからコールアップされたマーフィーも活躍できるといいですねぇ。
さて、ここ最近の目立ったところといえば、ヘイワードがシックスマンとして安定した活躍をするようになり(マブス戦は27pts/6reb/5ast/1st/2bs)、バークスの出場時間が増加してPGとしてもプレイできることを証明しはじめていることです。フェイバースとカンターも若手として十分な活躍ができていますし、キャロルも野獣的な動きでチームに活力を与えていますし、若いベンチメンバーたちはいつも見ていて楽しいですね。
…と、ここで問題になるのはスターターで、毎試合必ずと言っていいほど試合の序盤にリードを奪われています。これは開幕当初から一向に改善されていないところなので、モーとマービンが健康になって戻ってくれば良くなるという訳でもないと思います。原因は明らかにディフェンスで、特に気になるのはアルのインサイドのヘルプディフェンスです。相手がゴール下にドライブインしてくるのに気付かないか(時には背中を向けているシーンも…)、もしくは反応が遅れて相手のコースに入れず、簡単にフィニッシュor中途半端なファールでAND1を許しているシーンが目につきます。やはりインサイドのディフェンダーとして存在感のあるセンターが必要な気がするのですが、アルの得点力が魅力的なのも事実。就任以降大きな動きをしていないリンゼイ新GMがトレード・デッドラインまでにどんな動きをするのかが気になります。
| ジャズ・2012-2013 | 02:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ジェファーソンのディフェンスはほんと見てられないですね!ディフェンス力のあるフェイバースを相方にした方がいいんじゃないでしょうか?
ミルサップが控えになることは、好きじゃありませんが、不器用なカンターが相方だと、オフェンスにバリエーションのあるミルサップの良さが生きてくるのではと勝手に思っております。

リンゼイGMはベルの処遇を未解決のままにしているのが不気味ですね。いろいろなトレードの可能性を考えて残しているのか?それとも単に決断できないだけなのか・・・?

2013年もGO JAZZ GO!
| pm24時 | 2013/01/10 10:57 PM |

>pm24時さん
フェイバースとカンターはディフェンスは頑張るもののまだ安定して得点できないので、ジェファーソン&フェイバース、カンター&ミルサップという組み合わせは良いかもしれませんね。ただ、コービンHCはベテランに信頼をおく傾向にあるので、実現は難しそうです…。
ベルの処遇に関しては、ジャズのフロントに文句を言ったことに対するペナルティー(1年間どこのチームでもプレイさせない)という見方もあります。もしそれが事実だとしたら、それは誰の得にもならない事なのでファンとしては早急にトレードかバイアウトを成立させて欲しいですね。
| jashin | 2013/01/13 12:39 AM |










トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ おすすめ

現地取材のプチ裏話とイラストを寄稿しています!
良かったらチェックしてみて下さい♪


現地観戦ガイドの記事を書いています!
初めて現地観戦する方にオススメです!


11月1日発売ですよ〜!
+ google
このページの先頭へ