ユタ・ジャズ信者のブログ

Utah JAZZを一生懸命応援するブログ
ヘイワードとの契約延長は合意に至らず
JUGEMテーマ:NBA

ヘイワードとの契約延長交渉は合意に至らず、彼は来夏に制限付きFAになることが決まりました。フェイバースと同時に契約延長しなかった時点で「もしや…」と少し感じていたので、大きなショックは無いです。そもそも、これでヘイワードがチームを去る訳ではなく、彼は今シーズンもジャズの契約下にあり、しかもチームリーダーです。また、彼が今シーズン素晴らしい活躍を見せて来夏に他チームが高額オファーをしてきても、ジャズはそのオファーにマッチして契約を更新すれば良いだけです。(他チームがオファーできる条件の上限は4年/57milで5年契約は無し、ジャズはヘイワードに最高で4年/61milか5年/78.8milで契約更新することができます)
つまり、ヘイワードとしては今シーズンを怪我も無く最高の成績で終えなければいけない「いばらの道(ゲームの世界でいうとHARD MODE)」を選んだことになります。彼は賢い男なので、それを達成できる自信があっての決断だと思います。彼の成長と、今後もずっとジャズのリーダーとしてチームを引っ張ることを期待したいですね!

さて、シーズン初戦のOKC戦は惜しくも3点差で負けてしまいました。ヘイワードのファールトラブル(KDがわざと腕をひっかけたのとフィッシャーのテイクチャージによる2ファールは納得いきません)と、チームのTO (特にパスミス)とFT成功率の低さが仇となった感じです。あと、これはプレシーズンから感じていたのですが、若さからくる試合終盤の勝負弱さがあります。この点は、今後の経験で改善できると思います。
それにしても、試合自体は負けても凄く楽しめますね!ボールもよく回るし、全員が臆する事無く活き活きとプレイしてますから。さっそくバークスがMIP級の活躍をしてくれましたし、フェイバス、カンター、ゴベールの若手インサイドには大きな可能性を感じました。ヘイワードもファールさえ無ければ後半もリズムを維持できていたはずです。あとはバークの復帰を待つばかりです。
ティンズリーはまだ実戦の感覚が戻っていないのもありますし、しばらくは教育係に専念してもいいかもしれません。特に今はヘイワードやバークスがパスの供給役になっているので、PGはシュータータイプのルーカス&クラークでも面白いかと…。
一部で、キングスとのトレードでジマーの獲得を希望している6チームの中にジャズも入っているとの噂もありますが、どうですかね?確かにシュータータイプのPGは今のジャズにフィットするとは思いますが。
| 2013オフシーズン | 15:39 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
月刊HOOP12月号にジャズの記事を書きました
JUGEMテーマ:NBA

現在発売中の月刊HOOP12月号に、ジャズの若手がレジェンドと過ごした今夏のストーリーを寄稿しました。現在、全メディアの中でおそらく唯一ジャズのことを明るく書いている記事だと思うので、ぜひご購読ください!(笑)

さて、今日デリック・フェイバースの契約延長の記者会見がありました。その中で一番印象に残ったのが、リンゼイGMが語ってくれた、フェイバースのエージェントのストーリーです。フェイバースのエージェントが契約交渉の席で最初にチーム側に言ったのは、お金の話ではなく「チームは若手中心選手たち(young core)をキープしてくれるのか?」ということだったそうです。これは当然フェイバースの気持ちを代弁した言葉ですから、彼がどれだけ今の若手メンバーに居心地の良さとケミストリー、そして「強いチームになれる」という手応えを感じているかがわかります。ヘイワードとも、何年もチームメイトとして過ごし、今夏もUSA代表キャンプに一緒に参加したりと、非常に良い関係が築けているそうです。ジャズの首脳陣もフェイバース、ヘイワード、カンター、バークス、バークを中心にチームを作る計画をたてており、カンターとバークスの契約延長も進めるつもりだと明言しました。ヘイワードの契約も早くまとめてほしいですね!

ジャズの開幕は日本時間10月31日。ホームでOKCとの対戦です。ビードリンスが練習中に足首を捻挫したので、既に怪我をしていたバークとラッシュとマービンとエバンスも除いた以下のようなベンチ入りメンバーで開幕を迎えます。
PG ルーカス/ティンズリー
SG RJ/バークス/クラーク
SF ヘイワード/ハリス
PF フェイバース
C  カンター/ゴベール
明らかに層は薄いですが、そのぶん若手のプレイがたくさん見られそうで、楽しみです!

それから、あのジョン・ストックトンが自伝「Assisted」を発売します!なんと11月15日と16日にはソルトレイクでサイン会も開かれるとのこと。現地の人達が羨ましすぎる!


(月刊HOOP12月号より)
| 2013オフシーズン | 18:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ユタ・ジャズの開幕ロスターが決まりました
 JUGEMテーマ:NBA

ジャズは、スコット・マチャド、レスター・ハドソン、ジャスティン・ホリデー、ドミニク・マグワイア、ブライアン・クックをカットしました。これで、おそらくマイク・ハリスがロスターに残ることになりそうです。バックアップPGとしてティンズリーと契約したので、これで15人のロスターが埋まったことになり、怪我のバーク、マービン、ラッシュ、エバンスを除いた11人で開幕を迎えることになります。
気になるのは先発PGについてです。本来ならば当然バークなのですが、御存じのように怪我のため復帰はまだ先になります。プレシーズンではルーカスが先発していたのですが、彼はどちらかというと点取り屋なので、先発を任せるのはちょっと…という感じでした。そこでチームはティンズリーに白羽の矢を立てたと思うのですが、その判断は良かったと思います。ティンズリー自身も「自分はジャズのシステムに合っている」と話している通り、パスを第一に考えている彼を先発にする方が良さそうです。(とはいえ、ティンズリーはキャンプにも参加していなかったので、コンディションが万全でなければ先発は難しいですが…。)ティンズリーといえば、若い頃はなかなかヤンチャだった印象がありますが、現在は試合開始前に熱心に先発PGの1on1の相手やリバウンドの返球役をするなど、チームに献身的な模範的なベテラン選手に成長しています。彼のようなベテランがチームに加わることは、バークにとっても大きいと思います。

さて、ジャズはプレシーズンゲームを7連敗して1勝7敗で終えました。プレシーズンなのでそもそも勝敗は関係ないですし、若い選手のプレイが沢山見れたので充分楽しめました。ヘイワードは更にステップアップしてオールラウンドなチーム・リーダーに成長しましたし、フェイバースはディフェンダー&リバウンダーとして成長して、シュートにも改善が見られます。カンターとバークスは中と外の得点源として期待が持てますし、ゴベールとクラークも随所に光るプレイがありましたね。ゴベールはまだ動きも鈍くてパワーも無いしハンドリングも良くないですが、あの”長さ”はディフェンス面でかなり魅力なので、「3番手のビッグマン」としてビードリンス以上に出場時間をもらえるかもしれません。

今のメンバーだと、3Q4Q(特に終盤)に若さからくるモロさが出てしまい、なかなか勝てない日々が続きそうですが、勝敗ではなく若手のキラリと光るプレイを楽しんでシーズンを過ごそうと思います。
…早くバークが帰ってくるといいなぁ〜。
| 2013オフシーズン | 02:35 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
フェイバースは4年49milで契約延長の模様
 JUGEMテーマ:NBA

フェイバースは4年49milで契約延長するようです。これでフェイバースはあっという間にミルサップ以上のサラリーを貰うことになったわけですが、もともとドラフト3位だったことと、彼のポテンシャルを考えると妥当かと思います。現時点の活躍度合を考えると、ヘイワードはもう少し高額な契約になるかもしれませんね。今後もしカンターとバークスとバークにも同程度のサラリーを支払うと数年後には5人で60mil以上になりますが、これはスモールマーケットのユタ・ジャズには難しい額だと思います。ユタと同じくらいスモールマーケットのオクラホマシティー・サンダーは、高額契約を連発したせいでハーデンを泣く泣く放出することになり、今シーズンも補強がままならない状況です。
来オフのドラフトピックを絡めた動きなど、これから数年のジャズの契約関係からは目が離せませんね。

| 2013オフシーズン | 13:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ジャズからメンバーカードが送られてきました
JUGEMテーマ:NBA
 
気になるバークの怪我ですが、昨日ソルトレイクシティーで無事手術が成功し、4〜6週間で復帰できるかもしれないとのことです。しかし、これはあくまで手術直後の予想です。3週間後の術後検査で正確な復帰時期が診断されるようですので、それまでゆっくり待ちたいと思います。

さて、今日のブレイザーズとのプレシーズンゲームでは、カンターとヘイワードとフェイバースが良かったですね!インサイドは、「得点のカンター&ディフェンスとリバウンドのフェイバース」というそれぞれのカラーが良く出ていますね。2人ともビッグマンとしては機動力が高いので、あまりローポストからバックダウンで攻めるのではなく、ピック&ロールからの合わせを多用してほしいです。特にカンターはピック&ポップからミドルも打てますから、相手ディフェンダーは苦労すると思います。
ヘイワードは自身もチームの得点源になることを意識しているだけに、以前よりも格段に積極的になりましたね。この夏は、ゴールにアタックした時のフィニッシュの精度も高めたので、ドライブインから得点しても良し、本来持っているパスセンスを活かしてパスアウトするも良しと、より楽しみな選手になりました。前のブログ記事でも書きましたが、ヘイワードは今シーズン何度かトリプルダブルを記録すると思います!

今日の終盤の勝負所で感じたのは「今後は、誰が最後にゲームを締めくくるのか」という点ですね。少し前ならデロンが、昨シーズンまではアルがその役割を担っていました。おそらく今後はヘイワードかバークスかバークのアイソレーションを基本に、状況によってはカンターかフェイバースが合わせる形になると思います。しかし、誰がボールを保持するにしても、圧倒的に経験不足なので今シーズンは勝ち切れる試合は少ないかもしれませんね。ここら辺は暖かく見守っていきたいです。

残りの2つのロスタースポットを争う7選手ですが、今日の試合ではPGのハドソンがインパクトを残しましたね。ハドソンとマチャドとマグワイアとホリデーの中から2人が残るかなぁとは思っているのですが、まだまだ伏兵が現れるかもしれませんね。面白くなってきました。

そして、僕は今シーズンから思い切ってジャズのシーズンチケットホルダーになったのですが、本日ジャズから国際郵便でシーズンチケットホルダーのメンバーカードが届きました!1席1000円程度の安いシーズンチケットなのですが、こういうカードを貰えるとテンションが上がります!パッと見はレンタルビデオ屋の会員証ですが(笑)


| 2013オフシーズン | 00:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
バークが怪我してしまいました。
JUGEMテーマ:NBA
 
プレシーズンゲームが3試合終わりましたが、最も恐れていた「怪我」が早くも発生してしまいました。しかも期待の新人バークに…。3試合目のLAC戦の1Qに、ピック&ロールから右手でパスを出したところを相手のCP3かジョーダンと接触してしまい、右手人差し指を骨折しました。本人が直訴して2Qも少し出場しましたが、その後の検査で手術が必要ということになり、明日ソルトレイクシティーで手術する予定です。骨折部分にピンを入れるため完治には時間を要する模様で、当初は3~6週間という予想もありましたが、おそらく復帰には8~12週間かかるだろうとのこと。詳しくは手術後の診断待ちです。
バークはプレシーズンゲームでもカリー・リラード・CP3らエリートPGと対戦を続け、これからもたくさん経験を積むところだっただけに、開幕に間に合わないのは非常に痛いですね。ですが、この出遅れも前向きに考えて、欠場中に左手のドリブル&シュートの技術力アップと、下半身と体幹の筋力強化をはかって、復帰した時に「バークってこんなに凄かったっけ?」と思わせてほしいです!
バークの怪我でマチャドのロスター生き残りが見えてきた感じですが、バークスとクラークもPGをプレイできるので、まだまだわかりません。特にバークスは「もしPGで起用されることがあれば、夏にストックトンのもとで学んだことが活かされるだろう」と言っているので、昨シーズン終盤のようにバークスがPGも兼任することが多くなると思います。

チームの状況に関しては、若手全員が昨シーズンよりも良くなっているので、試合を見ていて楽しいですね(個人的に今シーズンは勝敗を気にしないつもりだからかもしれませんが)。それに、オフェンスのテンポもアップしたことで、24秒の間に2~3回シュートをチャレンジできそうなのが良い傾向です。昨シーズンは、24秒ギリギリで1回シュートに持って行くのがやっとでしたから…。ディフェンスもなかなか積極的で脚もよく動いているようです。シーズン通して積極的なディフェンスができるかどうか、注目したいところです。
個々の選手に関して、ヘイワードは今までの経験とオフのトレーニングのおかげか、今までになかった自信がみなぎっているように感じます。オールラウンドなプレイにも磨きがかかってきたので、今シーズンは平均で15pts5reb5ast以上を記録して、何度かトリプルダブルを達成することもできるのではないかと思います。
バークスはジャンプシュートのバランス(体幹)も良くなって得点力に磨きがかかりましたし、脚力と反応もアップしてディフェンスも良くなったように思います。彼は爆発力もあるので、平均17ptsくらい決められる選手になると嬉しいですね。
インサイドのフェイバースとカンターは、アル&サップよりもディフェンスとリバウンドの面では良いと思います。ただ、オフェンスでは更なるステップアップが必要ですね。二人とも今シーズンは最低でも平均10pts10reb以上を目指して、来シーズン以降は15pts10reb以上を狙えるように頑張ってほしいです。そのためにも、コービンHCにはもっともっとピック&ロールを戦術に組み込んでほしいのですが…。
エバンスは噂通り良い仕上がりですね。まさに嬉しい誤算です。安定した活躍ができるかは未知数ですが、一試合平均10分程度のプレイタイムが確保できれば平均5pts5rebは期待できそうです。
ゴベールはブロックとリバウンド、クラークは得点力と、それぞれ持ち味を生かしたキラリと光るプレイを時々見せますが、そこはルーキーなので、今シーズンは勉強の年となりそうです。(バークがルーキーとしては堂々としすぎなんですよね(笑))

今シーズンは若手の育成が第一ですから、バーク・バークス・ヘイワード・フェイバース・カンターらが平均30分以上出場できれば、ストレス無く過ごせそうです。ですが、まずはバークの早期復帰を願いたいです。

それから、NBAの開幕CMの「BIG IS ON!」にちょっとだけですがヘイワードが登場しています。要チェックですよ!


| 2013オフシーズン | 05:52 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
明日はプレシーズン・ゲーム初戦!
JUGEMテーマ:NBA
 
いよいよ2013-14シーズンの開幕が迫ってきました!先日のメディアデーのインタビューととオープン・スクリメージの映像はオフィシャルサイトでストリーミングされましたね。便利な時代になりました(笑)

ジャズはキャンプのロスターとしてブライアン・クック、マイク・ハリス、ジャスティン・ホリデー、レスター・ハドソン、ドウェイン・ジョーンズ、スコット・マチャド、ドミニク・マグワイアらとサインしました。最終ロスターの15人に残るのは、このうち2名になりそうですが、オープン・スクリメージの内容を見る限りホリデーとマチャドが残るのではないかと思います。なかでもマチャドは、バークやルーカスと違うタイプのパス重視型PGとして開幕ローテーション入りもありそうです。

新加入の選手ではジェファーソン、ビードリンシュ、ルーカスらベテラン勢に「自分たちの経験を若手に受け継ぐ」という姿勢が強く見られるので、良き先輩としての役割に期待したいです。特にジェファーソンはファイナル進出の経験や数チームを渡り歩いた経験もあり、インタビューの受け答えがまるでTV解説者のように丁寧なので、記者からは好評を得そうです。
ラッシュは昨年のACL手術後の経過は良好でフルコンタクトの練習も始めているようですが、戦列復帰はシーズン途中になる予定です。また、オフに足(かかと)を手術したマービンも経過は良好ですが開幕には間に合わないとのことです。二人ともILだとすると開幕ロスターは以下のようになりそうです。
PG バーク/ルーカス/マチャド
SG バークス/クラーク/ホリデー/ラッシュ(IL)
SF ヘイワード/RJ/マービン(IL)
PF フェイバース/エバンス/
C カンター/ビードリンシュ/ゴベール
現状ではPFの層が薄いように感じますが、皆が口をそろえて「エバンスの仕上がりが良い」と言っているので彼のブレークに期待したいですし、マービンも復帰したらSF/PF両方でプレイする模様なので、それまで辛抱ですね。

先発が予想される若手ホープたちには、怪我をせず、とにかく伸び伸びとプレーしてほしいです。今夏バークとバークスはストックトンにワークアウトしてもらいましたし、フェイバースとカンターはマローンにワークアウトしてもらいました。さらに現在マローンはパートタイム・ビッグマン・コーチとしてキャンプにも参加していますので、エバンスやゴベールを含めたビッグマンは全員マローンのしごきを受けている最中です(笑)
そしてエースのヘイワードはウェイトを増やさずに筋力とスピードをアップさせ、シュートレンジも広げた模様なので、今まで以上に期待大です!

そんな楽しみなジャズのプレシーズン・ゲーム初戦は明日、ホームで対ウォーリアーズです!みんなで応援しましょう!!


新加入のブランドン・ラッシュ


メディアデーの日だけ髪型をオシャレにアレンジしたヘイワード

| 2013オフシーズン | 04:00 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
ジャズのあの人をモチーフにしたTシャツが発売されました!
 JUGEMテーマ:NBA

バスケだけでなくビデオゲームの達人でもあるジャズのあの選手をモチーフにした「MASTER OF THE GAME」Tシャツが遂に発売されました!オリジナルスポーツアパレルを販売するDLIVEさんとのコラボで実現したこのTシャツ、プリント部分が蓄光素材になっているので暗い場所に行くと光るんです!DLIVEの通販サイト( http://dlive.net/ )で購入可能ですので是非チェックしてください。来週くらいにはブラックの他にカーキも発売予定です!
Instagramでヘイワードに「こんなTシャツ作ったよ」と伝えると、彼から「Thats tiiight man!(それイケてる!)」と太鼓判をもらえました。このTシャツは彼にお土産として持っていく予定ですので、これを買った方はヘイワードとお揃いになるかも?!
そして、このTシャツは現在発売中の月刊HOOP10月号で読者プレゼント提供中ですので、ドシドシ応募してください。ちなみに、僕のオリジナルTシャツ「PICK & ROLL」と「BEAR HEAD」もプレゼント提供していますので、こちらも宜しければ御応募ください。

(これは今度発売予定のカーキです)

それから、ジャズとは関係ないのですが、9月のデリック・ローズ来日に合わせて、ローズのシューズD Roseの日本人デザイナー金田康平さんのインタビュー記事を月刊HOOP10月号に寄稿しています。金田さんはかつてリーボックでアレン・アイバーソンのAnswer (X, XI, XII)のデザインを手がけ、現在はローズのシューズをデザインしているという凄い経歴の持ち主なのです!ぜひこの記事を読んで、ローズ初来日を盛り上げてほしいです!


| 2013オフシーズン | 01:11 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
徐々にロスターが決まってきました
 JUGEMテーマ:NBA

2013-14シーズンのジャズのロスターが決まりつつあります。
 まず残念なのが、ドラフト当日にトレードで獲得したラウル・ネトが来シーズンいっぱいはスペインリーグでプレイする見込みだということです。サマーリーグで見た限り、彼はプレイメイカーとしての素質がかなり高そうでしたし、トリッキーなプレイスタイルでかなりのファンを獲得しそうだっただけに、来シーズン1年分ジャズに入団するのが遅れるのは勿体無いです。この1年でしっかりと経験を積んで2014-15シーズンには即戦力として帰ってきてほしいですね。
 さて、ジャズはガード陣の補強として、30歳のジョン・ルーカス三世と、今年のサマーリーグMVPのイアン・クラークと契約しました(クラークは明日契約発表の予定)。ルーカスはバークと身長がほとんど同じでプレイスタイルも攻撃的なので、バークの良き指導者になってくれそうです。サマーリーグでのバークは下馬評通りゴール下でしっかりフィニッシュできていませんでしたし、ジャンプシュートも豪快にブロックされたりと、明らかに相手の高さに苦しんでいましたから、ルーカスから学ぶことでどれだけプレイが変わるか楽しみです。
 クラークはドラフト外だったもののサマーリーグを通して安定した活躍を見せ(オーランドではヒート、ラスベガスではウォーリアーズで出場)、ラスベガスの最終戦で33得点してMVPになった”掘り出し物”です。クラークの3Pシュートには非凡なものがあるので上手く成長すればフォイの後釜になるかもしれません。
 このままだとPGの控えが少ないように思いますが、サマーリーグではバークスがPGをする場面も多かったですし、クラークとマクニールもコンボガードなので現状でも何とかなりそうです。(マクニールのチームオプションはまだ行使されていないので、来シーズンの契約は未定)
 現状のロスターを見ると明らかに層が薄いのですが、それだけヤング・コアのバーク/バークス/ヘイワード/フェイバース/カンターのプレイタイムが延びるということなので、なかなか良いのではないでしょうか?

現在のロスター
PG バーク/ルーカス
SG バークス/ラッシュ/クラーク/マクニール 
SF ヘイワード/ジェファーソン/マービン(12月復帰予定)
PF フェイバース/ビードリンシュ/エバンス
C  カンター/ゴベール/


それから、ジャズの新加入選手バーク、ゴベール、ネト、ラッシュ、ルーカス、クラークのイラストを描いたところ、彼らがインスタグラムやツイッターで反応してくれました!なかでも、ラッシュがインスタグラムに上げた画像には、多くのGSWファンから「お前がジャズのジャージーを着た姿なんか見たくねぇ!」というコメントが寄せられていて少し怖かったです(笑)
| 2013オフシーズン | 18:28 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
NBA DRAFT 2013
JUGEMテーマ:NBA
 
NBA DRAFT 2013が終了しました!ジャズは14位と21位をウルブズの9位とトレードし、なんとトレイ・バークを獲得しました!!バークは、今年のNCAAでミシガン大をファイナルまで導いた2年生で、今ドラフトNo.1 PGと言われていた選手です。「ネクストCP3」とも言われるほどなので期待大です。コービンHCがかなり気に入っていたらしく、やり手のデニス・リンゼイGMが「じゃあ」ってことでトレードアップして獲得してくれました。来シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーも狙えるような選手だと思うので、ぜひ開幕から先発で起用してほしいです。ルックスも良いし身長も183cmと日本人好みなので、日本で人気が出ると嬉しいですね!

さらにジャズは46位のエリック・グリーン+金銭でナゲッツから27位のルディー・ゴベールをトレードで獲得しました。ゴベールは218cmのフランス人選手ですが、とにかく体が細いです。背が高くてウイングスパンも長いのでブロックショットが得意なようですが、シュートパターンはダンクのみという印象です。例えるなら、ルーキー時代のジェレミー・エバンスを218cmにした感じでしょうか。バルクアップしてドッシリすればゴール下の番人になれる素質はあると思うので、気長に見守りたいです。

そして、リンゼイGMはドラフト終了後に3つ目のトレードを敢行!将来の2巡目指名をホークスにトレードして47位で指名されたブラジル人PGのラウル・ネトを獲得。リンゼイGMいわく「ピュアPG」とのことで、ゲームメイクとパス主体の正統派PGのようです。ネット動画を見る限り動きが遅いように思うのですが、いちおう「スピードがあって一歩目が早い」そうです。今年のアディダス・ユーロ・キャンプでMVPを獲ったようですし、ストックトンに指導してもらえればイイPGに成長しそうなタイプだと思うんですけどね〜。将来的にはバークのバックアップとしてイイ仕事してくれることを期待しています。
リンゼイGMは若手中心に将来チャンピオンを狙える良いドラフト(トレード)をしましたね!7月に入ってどんなトレード&FAをするか楽しみです!


予想(希望?)ロスター
PG バーク / ネト / ベテランPG(ティンズリー、ワトソン)
SG バークス / フォイ(希望) / マーフィー
SF ヘイワード / キャロル(希望) / マービン(手術)
PF フェイバース / エバンス / ゴベール
C  キャンター / ロペス(希望)
| 2013オフシーズン | 16:43 | comments(18) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ おすすめ

現地取材のプチ裏話とイラストを寄稿しています!
良かったらチェックしてみて下さい♪


現地観戦ガイドの記事を書いています!
初めて現地観戦する方にオススメです!


11月1日発売ですよ〜!
+ google
このページの先頭へ