ユタ・ジャズ信者のブログ

Utah JAZZを一生懸命応援するブログ
プレイオフ進出なりませんでした。
JUGEMテーマ:NBA
 
ジャズは2月終盤から3月終盤まで負けが込んだことが大きく響き、ギリギリでプレイオフ進出を逃しました。最終戦のグリズリーズ戦が酷かったこと以前に、今シーズンの中盤以降は強豪チームに勝てていなかったので、この結果は当然だったと思います。
3月25日からアメリカに渡り、3月29日の@ブレイザーズ戦から4月12日のウルブズ戦(ホーム最終戦)までの8試合を取材しましたが、その期間は非常にチームの出来が良かっただけに残念です(ちなみに、僕がアメリカに渡った日からアメリカを発った4月15日までのジャズの戦績は9勝2敗でした)。選手達も「毎試合がプレイオフゲーム並みに重要な試合」という雰囲気を楽しんでいたようですし、ロッカー内では冗談も飛び交ってチームのケミストリーはとても良かったです。また、戦術的にもピック&ロールを多用するようになって良い兆候が見られていました(ただし急ごしらえの作戦なので強豪チームには通用しませんでしたが)。…と、良い面もたくさんありましたが、チームにとって守備的な起爆剤となるキャロルを全然起用しなかったりと、最後までHCの采配には疑問が残る結果となりましたね。
今シーズン主力だった選手達がほとんどFAとなる今年の夏は面白くなりそうですね。そんなに上位ではありませんがドラフト指名権もありますし、ドラフト指名権を付けてサイン&トレードするのもアリだと思います。とにかく安定したPGが必要ですね。あと、終盤の起用法から考えて「チームはもしかしたらキャロルとワトソンとは再契約するつもりが無いのでは?」と感じているのですが、個人的にはキャロルとフォイとは絶対に再契約するべきだと考えています。

さて、私事ではありますが、今回の現地取材の際にユタ・ジャズの放送局に取材され、4月15日のウルブズ戦の時に放送されました。いつも選手達がインタビューされているインタビュー・ルームでの撮影だったので非常に緊張してしまい英語がメチャクチャで恥ずかしいのですが、よろしければご覧下さい。



| ジャズ・2012-2013 | 15:15 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
厳しいプレイオフへの道
JUGEMテーマ:NBA
 
今日ロケッツに負けたことでジャズはプレイオフ進出に向けて非常に厳しい状況になりました。残り14試合で8位のレイカーズに1.5ゲーム差、7位のロケッツには3ゲーム差まで開かれてしまいました。しかも次はテキサス3連戦2戦目のスパーズ戦です。この離されたくない時に強豪と当たるところが今のジャズの運の無さといったところでしょうか…。
ジャズはオールスター明けから調子を落としているのですが、なかでもオフェンスがかなり酷いですね(ディフェンスは前からあまり良くないので…)。セットプレイの最初に何度か選手がカットした後に特にチームプレイを展開する訳ではなく、ただ単にローポストのジェファーソンにボールを渡すだけで、後は普通に1on1するだけ…というパターンばかりです。そこにチームプレイの要素は全く無く、その場に集まった見ず知らずのプレイヤーがピックアップゲームをしているのと何ら変わりません。また、選手起用のローテーションも確立されていないのでパス回しやスクリーンプレイが全く噛み合っていないです。最近はそこに更にフォイの不調も重なっているので苦しさに拍車がかかっています。
スローンHC時代も同じプレイの繰り返しでしたが、今のそれとは全く違います。いつも同じピック&ロールや1-4セットやっているように見えてもフィニッシュのバリエーションが多彩でしたし、プレイの精度が高かったので相手のディエンスも守るのが困難でした。コービンHCは「ディフェンスからの速いオフェンス」をやろうとしているのですが、そもそもディフェンスがあまり良くないので、システムが全く機能していません。必然的にハーフコートオフェンスが主体になるのですが、それも上手くいかずに得点が止まって負けるといったパターンが多いです。ハーフコートオフェンスが上手くいっていないのは、ゾーンディフェンスをされると得点が止まることからも明らかです。試合を見ていると、どうも「パスを回してローポストのジェフェーソンにボールを渡すまでしか練習してないんじゃないのか?」と疑いたくなります。
やはりコービンHCでは厳しかったのですかね…。シーズン中盤くらいで「今のロスターで8位前後の順位に甘んじている」ということをもっと重く捉えて、スローンHCに復帰してもらうくらいの動きが必要だったかもしれません。(その反面で、選手を一人もトレードしなかったのは良かったと思っています。)
今のバスケをしていたらプレイオフはかなり厳しいと思いますが、たとえこれでプレイオフに行けたとしても来シーズンはHCは変えた方がいいでしょうね。
| ジャズ・2012-2013 | 18:24 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
残り20試合
JUGEMテーマ:NBA
 
レギュラーシーズンも残り20試合となりました。最近のジャズは試合終盤で逆転を許すなど、3試合連続で勿体無い負け方をしたため、32勝30敗でギリギリ8位にとどまっている状況です。すぐ後ろの9位には息を吹き返したレイカーズが0.5ゲーム差で追い上げてきていますが、6位のウォーリアーズと7位のロケッツも割とモタモタしてくれていたおかげで、6位まで2.5ゲーム差、7位までは1.5ゲーム差と、まだまだ上位を狙うことも可能な位置につけているのも確かです。
不振のマービンに代わってキャロルを先発SFにしたり、モーが怪我から復帰して先発PGに戻ったりと、ラインナップにも若干の動きがありますが、どうも全てがしっくりきていない感じです。バークスが控えPG/SGとして安定してきて、ヘイワードも怪我から復帰して以降好調を維持し、フェイバースとカンターはそれぞれ20pts/20reb級の活躍を見せ、キャロルもディフェンスだけでなく得点でも貢献できることを証明していますが、入れ替わりにフォイが不調に陥り、ジェファーソンとミルサップが怪我したりと、なかなか全員が同時期に良い状態になれないです。将来に向けて若手がメキメキと頭角を現しているのは嬉しいのですが、プレイオフ争いのことを考えると今のチーム状況は良くないですね。最近のジャズはオフェンスがチグハグでボールが上手く回りませんし、リードしていても終盤で攻守にガタガタになって結局競り負けますからね。
終盤にバタバタし始めた時、どうもコーチ陣が選手を落ち着かせられていないような気がします。タイムアウト明けのプレイも失敗する時が多いですし、そもそも効果的なタイミングでタイムアウトをとっていないと思います。残り数秒で1、2点差の場合、シュートが決まるかどうかはある程度その時の運も関係していると思います。ですが、そのシュートに至るまでの戦略(セットオフェンス)の良し悪しによって結果は大きく変わりますからね。どうも今のジャズはタイムアウト明けのここ一番のプレイに戦略性がありません。ベースラインにいたガードがスクリーンでトップに上がり、ボールが貰えなかったらコーナーからスクリーンでカールしてきたG/Fがボールを貰って、あとは1on1…というパターンで、最近はそれがことごとく失敗に終わっていますからね。
とはいえ、今から戦略どうこうを言っても状況はすぐには変わらないですし、まずは2連勝くらいして”負け癖”を払しょくしたいところです。明日の@NYK以降、vsDET、@OKC、vsMEMと続き、今月中はほぼ全ての対戦相手が強豪です。残り試合、ウォーリアーズとロケッツはホームゲームが多く対戦相手にも割と恵まれていますし、レイカーズはアウェイが多いながらも対戦相手に恵まれています。こうなるとジャズはもう「ひたすら勝つしかない!」ですね。ここまで来たらどんな勝ち方でもいいのでなんとか勝ち続け、意地でもプレイオフ進出を果たしてほしいです。そうじゃないと今シーズン中にトレードに動かなかった意味も無くなりかねないですからね。Go JAZZ!!

| ジャズ・2012-2013 | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ジェレミー・エバンス再びダンクコンテストに出場
JUGEMテーマ:NBA
 
エバンスがディフェンディング・チャンピオンとしてオールスターサタデーのダンクコンテストに出場しますね!今回のオールスターは現地取材する予定ですので、一人でもジャズの選手がオールスター・インベントに出場できて良かったです。できればパートナーとしてヘイワードを一緒に連れて行ってほしいところですが…。とにかく、エバンスの活躍と、ダンクコンテスト二連覇に期待しましょう!

さて、ジャズはバックスに危なげなく勝利し(1Qはボロボロでしたが)、28勝22敗で西地区の7位をキープ。それにしても今シーズンはスロースタート癖が治りませんね。ほぼ全試合で先発メンバーのエンジンのかかりが遅いです(フォイを除く)。バックス戦もそうでしたが、今シーズンは先発が試合序盤にリードされ、途中から控えの若手選手がエネルギー溢れるプレイでジャズのペースに引き戻すといった展開ばかり目につきます。中盤以降は、控え選手のエネルギーに触発されるのか、先発も奮起するのですが、控えの時間帯に勢いに乗れないとそのままズルズルと負けるケースが多いです。かといって、先発メンバーは相変わらずクラッチタイムで頼りになりますし、ジャズの若手は(まだまだ成長過程なので)相手の控え選手とマッチアップしているからこそ優位に立っているのも事実ですので、安易に先発メンバーを入れ替えるのは得策では無いでしょうね。マービンがオフェンスでもう少し貢献して(ディフェンスとリバウンドは地味に頑張っていると思います)、モーとヘイワードが復帰すればある程度改善されると思うので、もうしばらくは辛抱が続きそうですね。
バックス戦ではカンターとフェイバースが大活躍だったのですが、それ以上に「PG見習い」のバークスが終盤の大事な時間帯も任されるようになっているのが嬉しいですね。もう少し落ち着いてプレイできるようになって、TOが減ってくれば、モー復帰以降も二番手PGとして定着できるかもしれないので、今の間にしっかり経験を積んでほしいです。
そして気になるのはトレード情報。ジャズからスパーズにアル・ジェファーソン、スパーズからジャズにティアゴ・スプリッターとパティ・ミルズとスティーブン・ジャクソンなんていう噂もありましたが、これは単に「スコット・レイデンがスパーズのAGMになって、元スパーズのデニス・リンゼイがジャズのGMになったから、この2チーム間で何かあるだろう」というところから端を発した単なる予想ですので、現実味は薄いと思います。というか、このトレードだとジャズはかなり損をするはずですからね。…って、大丈夫ですよね?無いですよね?…

今日の対戦相手は、昨日ナゲッツに32点差で大敗したブルズです。ブルズは連敗阻止のために気合いを入れてくるはずなので、ジャズはきっちりと相手の出鼻をくじいて序盤からリードする展開に持っていきたいですね。 Go JAZZ!!!

| ジャズ・2012-2013 | 07:41 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
オールスターブレイクまであと5試合
JUGEMテーマ:NBA
 
オールスターブレイクまであと5試合を残した段階で、ジャズは27勝22敗で西の7位です。しかし、後ろからロケッツとブレイザーズが猛烈に追いかけてきていて、少し離れてレイカーズも虎視眈々とプレイオフ圏内を狙っている状況です。よほどのことが無い限り、後半戦はジャズ・ロケッツ・ブレイザーズ・レイカーズの間でプレイオフ圏内の7位と8位を争うことになると思います。ジャズは主力のモーとヘイワードを欠きながらもギリギリ今の順位を守っていますが、2試合連敗しただけでプレイオフ圏外に転げ落ちる可能性があるので気が抜けないですね。
最近の試合で気になるのは、試合中盤に得点が入らなくなり、その間に相手に連続得点を許して逆転されるパターンです。今までは苦しいところでモーが個人技で点を入れてくれたり、ヘイワードが6thマンとして活躍することで持ちこたえていた感がありますが、今はその二人がいないので厳しいですね。今は苦しくなるとどうしてもフォイの得点力やアルのポストプレイに頼りがちなのですが、相手にもそれを読まれているので攻め手が無くなってしまいます。
そんな中、バークスが控えPGとして定着しそうなのは明るい兆候ですね。まぁ、当然まだプレイメイクはできませんし、ボールハンドリングも(キャロルのお墨付きがあるくらいに上手いのですが)危なっかしい場面が見受けられますが、ジャズの将来を考えると凄く良いことだと思います。コーチ陣のgood jobですね。モーとヘイワードが復帰しても、この起用方法を継続させてもらいたいです。

そして、皆さん凄く気になっているはずのトレード。こちらに関しては、全く情報が無いですね。ジャズのスカウティング最高責任者がホーネッツvsウルブスの試合を観に行ったという情報はありますが、それが直接トレードに結び付くかと言えばそうではないですし…。契約最終年の選手が多いだけに何らかの動きがあって当然だとは思いますが、今はチームの状態が明らかに悪い訳ではないですし、選手同士の関係も良好な様子なので、トレードに踏み切り辛いのも確かです。今シーズンは現有戦力で戦い抜いて、来シーズンからバークス/ヘイワード/キャロル(FA)/フェイバース/カンター/フォイ(6th FA) を核とした新しいチーム作りを始めてもイイかもしれませんけどねぇ〜。

なんにせよ、オールスターブレイクまでの5試合は最悪でも3勝2敗以上の成績で乗り切って、プレイオフ圏内にとどまり続けてもらいましょう! Go JAZZ!
| ジャズ・2012-2013 | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まさかの猛追を許すも、ウィザーズに勝利
JUGEMテーマ:NBA
 
ウィザーズのシュート確率が低かったおかげで終始リードを保てましたが、4Qに入って「おいおい」と言いたくなるほどの猛追を受け、「うっかり取りこぼしちゃうんじゃないか?」と不安になりましたが辛くも勝利しました。この試合はアルのシュートが絶不調だったのですが、それでも根気強くアルにシュートを打たせ続けたことが、続くレイカーズ戦とペイサーズ戦に良い影響を与えると期待しています。
これでジャズは4連勝で、1月に入ってから8勝2敗です。1月の残り4試合を全勝で突っ走るには、次のレイカーズ戦とペイサーズ戦がヤマになると思います。レイカーズ戦はアウェイですし、今4連敗中のレイカーズは「ホームで絶対に負けられない」という強い気持ちで試合に臨むはずなので非常に怖いです。そして続くペイサーズは、ディフェンス力がNBA随一ですし、特にインサイドの守備が固い「ジャズが苦手とするチーム」の代表格ですから、ホームゲームといえども苦戦必至です。ジャズは連勝中とはいえ、リードしても途中で点差を詰められる展開が多く、絶対的な強さを見せつけて勝っていたわけではないので、ファンとしては不安ばかりが募りますが、ここでなんとか連勝を積み上げてプレイオフ圏内のポジションを固めてほしいです!!
| ジャズ・2012-2013 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キャブスにも無難に勝利
JUGEMテーマ:NBA
 
中4日空いたことで試合勘が鈍っに負けることを恐れていましたが、ジャズはしっかり調整してきたようで、キャブスに無事勝利しました。これで1月は7勝2敗で、6位のナゲッツにも追いつけそうな勢いです。しかし、ジャズはまた3日空いたことによる影響が懸念されますし、ウィザーズは前の試合でブレイザーズに劇的勝利したことで勢いに乗っていると思われますので、今日のウィザーズ戦は心配ですね。この試合にキッチリと勝つことができれば、続くレイカーズ・ペイサーズ・ロケッツ・ホーネッツにも連勝して1月を良い形で締めくくれそうな予感がします。(おそらくホームゲームながらもback-to-backになるペイサーズ戦がヤマになりますね)

さて話はかわって、オールスターが迫ってきましたね。リザーブの発表は日本時間の今週金曜日です。西はタレント豊富なので辛いところですが、ジェファーソンかヘイワードあたりがリザーブに滑り込んでくれると嬉しいんですけどねぇ〜。
| ジャズ・2012-2013 | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヒート撃破!そして7位浮上!
JUGEMテーマ:NBA
 
前半に大量リードしてノリノリの展開でしたが、4Qにまさかの21-5のランを許してハラハラドキドキの展開へ…。ヒートがファール覚悟で激しいディフェンスを仕掛けてきたためジャズの得点がパタリと止まってしまったのですが、そこでチームを救ったのがヘイワードでした。ともすればロングシュートを躊躇してしまいそうな場面で、強いハートでスリーポイントシュートを沈め、果敢なシュートでレブロンのゴールテンディングを誘ったのは見事でした。そして圧巻はレイ・アレンをバックビハインド・クロスオーバーでアンクルブレイクして決めたミドルシュートですね!あれが実質のトドメとなりました。あのムーブは以前ならデロンが得意としていたプレイなので、ジャズファンとしては感慨もひとしおでしたね。
この勝利でジャズは通算成績を21勝19敗とし、西地区の7位と8位にいたロケッツとブレイザーズが連敗したことにより、現地1月16日の全試合終了時点で西地区の7位に浮上しました!ジャズは1月の残りと2月はアウェイ連戦は無く、ホーム13試合アウェイ5試合と日程に恵まれているので、この間に一気にプレイオフ圏内を確定させたいところですね。特に1月の残り6試合は、唯一のアウェイゲームのレイカーズ戦と、その試合の翌日行われるホームのペイサーズ戦、そして次のホームのロケッツ戦と、要注意の対戦はあるものの、最低でも4勝2敗か上手くいけば全勝も可能ではないかと思っています。勢いをつけるためにも、まずは次のキャブスとウィザーズに確実に勝ってもらいたいです!!
| ジャズ・2012-2013 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ピストンズにギリギリ勝利
JUGEMテーマ:NBA
 
東地区3連戦の3試合目のピストンズ戦、最悪な1Qの出だしで「今日はダメか」と思いましたが、後半にジェファーソンとミルサップが奮起して大逆転して「もう勝てる」と思ったら、さらに最後にドタバタして追い上げられる…という忙しい内容でしたが、なんとか勝利しました。
この試合終了時点でジャズはリーグ最多のアウェイゲーム消化数(24試合)でありながら、20勝19敗で西地区の9位となりました。残りホームゲームは26試合でアウェイゲームは17試合ですので、50勝をプレイオフのボーダーラインと考えると残り30勝が必要となりますので、ホームでどれだけ勝てるかがポイントになりますね。1月は残り7試合で、うち6試合がホームですが、ホームの対戦相手もヒート・ペイサーズ・ロケッツと嫌な相手が多いです。次は特に嫌なヒートが相手ですが、上位チームの調子が良いだけにホームゲームを1試合でも無駄にしたくありませんから、「どれだけ泥臭い戦い方をしてでも強豪チームから勝利を奪う」姿勢で臨んでほしいです!!!
| ジャズ・2012-2013 | 22:38 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
西地区9位
JUGEMテーマ:NBA
 
東遠征3連戦の1戦目はボブキャッツに快勝しましたが、今日のホークス戦は前半はフォイの3ptが好調だったこともあり良かったのですが、4Qに崩れて15点差をひっくり返されて敗戦。いつもは先発も顔負けの活躍をする自慢の控えメンバーがボロボロで、終盤に流れを一気に持っていかれました。完全に掴めるはずの勝利を逃し、東遠征は今のところ1勝1敗。今日のピストンズ戦は絶対に勝って、続くホームのヒート戦に繋げたいです。
西地区はブレイザーズが予想外の絶好調なこともあって、プレイオフ争いは混戦必至です。ジャズは今19勝19敗で5割ですが、8位のブレイザーズが20勝16敗、7位のロケッツが21勝16敗、6位のナゲッツが22勝16敗なので、もう下位チームの取りこぼしは許されなくなりました。唯一の救いは現在までのところジャズがナゲッツと並んでリーグで一番アウェイゲームを消化しているということです(アウェイ23試合ホーム15試合)。残りのシーズンはホームの割合が増える訳ですから、「ホームで確実に勝ち、リードして勝てる試合は決して取りこぼさない」ことを徹底してほしいです。まずは今日のピストンズ戦に勝利して東遠征2勝1敗でホームに戻ることを祈りましょう!!
| ジャズ・2012-2013 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ おすすめ

現地取材のプチ裏話とイラストを寄稿しています!
良かったらチェックしてみて下さい♪


現地観戦ガイドの記事を書いています!
初めて現地観戦する方にオススメです!


11月1日発売ですよ〜!
+ google
このページの先頭へ