ユタ・ジャズ信者のブログ

Utah JAZZを一生懸命応援するブログ
ジャズのドラフトは9位に決まりました。
ドラフトのロッタリー、ジャズは順当に9位指名になりました。
誰を指名するんでしょうね〜。
注目のドラフトは6月24日(現地時間)です。

さて、今オフ気になる契約についてですが、オーナーのミラー氏がテレビのインタビューでマシューズとコーバーを褒めていたので、この2人は再契約できると信じています。

マシューズは特に「この夏はトレーニングしまくる(a gym rat)」「ディフェンスも引き続き頑張り、オフェンス面でも相手の脅威になりたい」言っていたので、来シーズンも期待大です。

コーバーは、「システムなどが気に入っているのでジャズでプレイしたい」そうですが、FAは初の経験なので楽しみでもあるそうです。まぁコーバーはユタで大人気ですし、この夏もまたデロンとドッジボール大会やるみたいですので、再契約してくれるでしょう。ちなみに、コーバーは6月3日にU2の360°tour at the Rice Eccles Stadium (SLC)に行くそうです。そういえば街なかにライブのポスター貼ってありました。


フェセンコも「ビッグセンターの将来に投資するつもりで…」再契約できるかもしれません。

プレイオフ敗退後にデロンが「自分達はプレイオフ・チームだが、チャンピオンを争えるチームではない」「1試合通してゴール下を守れる選手が必要」「まだ2ピース足らない」とコメントしていましたので、今オフは大きな動きがあるかもしれません。楽しみですね。
| ジャズ・2009-2010 | 21:09 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
プレイオフ2回戦VSレイカーズ 4試合目
今日は全員シュートが不調でした。というより、シュートセレクトが悪すぎましたね。セットプレイとパスで相手を崩しきれず、結局1対1で苦しいショットばかり打っていました。特に2Qが酷く、17点差つけられて前半終了。3Qディフェンスからの速攻を中心にして一気に5点差まで詰め寄りましたが、「えっ?」という感じのレフリーの笛が連発して勢いがストップ。結局そのまま逆に点差を広げられて96-111で負けてしまいました。最後の1分半くらいでゲインズが立て続けに7得点したのは面白かったですね。
さて、ジャズにとって7戦制でsweepされるのは初めての経験ですが、ケガ人もいたので仕方ないですね。あと、ブーザーはやはりガソルとの相性が最悪でした。これまでのプレイオフだったら、ブーザーが悪い時はオカーが良かったり、またその逆のパターンもあったりだったのですが、今回はオカー不在がかなり響いた形です。その分ミルサップの成長が目立ちましたが、試合の流れを変えるほどではなかったですね。あと、フィッシャーの巧みなフロップ連発で、デロンが波に乗れなかったです。

今後の課題は、どれだけデロンの安定感と決定力が上がるか。デロンには、コービーのように点数が欲しい場面で絶対に得点できて、ブザービーターも高確率で決めることができるプレイヤーになって欲しいです。なにより、多くの人からリスペクトされ、”スーパースターコール”(ちょっぴり有利な笛を貰える権利…都市伝説みたいなものですが)を貰える選手にならないと、ジャズが今のNBAでチャンピオンになることはできないと思います。

さて、これからはオフの補強話が中心になりますが、この夏はどうなりますかね?個人的には今のロスターは全員好きなのですが…。制限付FAのマシューズは絶対にキープするとして、制限無しFAのコーバーも人気のある選手なのでキープするでしょうね。あとはブーザーですが、予算の関係もあるのでキープできないかもしれません。サイン&トレードするにしても、なかなかブーザーと同等の選手がいないんですよね〜。2010 FA listを見ても、(獲れそうな可能性のある)FAの中でブーザー程の選手もいませんし…。NYから貰った1順目指名権で即戦力を獲得できるとも思えませんしね。来シーズンも現状維持とか、戦力ダウンとかは勘弁ですね。

ブーザーといえば、今日の試合後にレイカーズのチーム・バスとブーザーの車が接触事故を起こしたらしいです。踏んだりけったりですね…。

今日の成績
デロン21pts 9ast 4reb 2stl 2block。ミルサップ21pts 6reb 1stl 1block。CJ15pts 3block。ブーザー10pts 14reb。フェセンコ4pts 12reb 1block。ゲインズ7pts。そしてマシューズは12pts 4reb 1stl 1blockでした。
| ジャズ・2009-2010 | 23:42 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
プレイオフ2回戦VSレイカーズ 3試合目
ホームに戻っての第3戦。
キリレンコが復帰して早速リバウンド・ブロック・ティップショットと大活躍しましたが、試合巧者のレイカーズがジワジワと力を発揮して一進一退の展開へ。コーバーがFG 9/10(うち3P 5/5)と大当たりしたのに、相手もフィッシャーとアーテストが沢山3Pを沈めてきました。
残り6.8秒1点ビハインドからのレイカーズのインバウンドをマシューズがカットして、こぼれ球をコーバーがキャッチ。残り4.4秒からデロンがジャンパーで狙うも外れ、そこをマシューズがティップでフォローしたのですが惜しくもボールはリングに嫌われ万事休す。110-111で大事な試合を落としてしまいました。
第2戦まではレイカーズのアウトサイドが不調だったので、第3戦ではコービーやガソルのポストアップをダブルチームで徹底的に潰す作戦だったのですが、この試合に限ってアーテストやフィッシャーが復調してしまいましたね。
レイカーズとの3試合、ここまでは大差をつけられるゲームは無いのですが、点差以上の差を感じずにはいられません。その差は、やはり「重要な部分を確実に締める」ベテランの経験値の差ですかね。
それにしても、キリレンコが入るとチームは変わりますね。レギュラー・シーズン中にこのブログでも度々「キリレンコが良い」と言ってきましたが、この試合でも非常に良い仕事っぷりでした。さっそくコービーをブロックしてくれましたし。(最初からキリレンコがいればなぁ…)

デロン28pts 9ast 4reb。コーバー23pts FG9/10 3PFG5/5 1stl。ブーザー14pts 14reb。ミルサップ13pts 3reb。CJ11pts。キリレンコ8pts 6reb 1block 1stl。マシューズ9pts 6reb 2stl 1block。マシューズが、コービーとの1on1をブロックで止めたシーンはシビレました。

さて、プレイオフで0-3から勝ち上がったチームは無いということで、かなり望みは薄いですが、ジャズの若手達が1試合でも多く貴重な経験ができることを祈ります!
Go!! JAZZ!!
| ジャズ・2009-2010 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プレイオフ2回戦VSレイカーズ 2試合目@LA
スローンHCも気にしていた”試合の入り方”ですが、この試合は上々の立ち上がりでした。しかし、コービーのアシストをきっかけにレイカーズがインサイドを支配しはじめ、劣勢に。前の試合と同じく4Qに追い上げて4点差まで詰めましたが、今回は逆転することもできず敗北。
やはりインサイドの高さの差が大きいですね。後ろからリバウンド取られるわ、後ろからブロックされるわで…。しかもファールが全然もらえないです。このまま真っ向からインサイドに突っ込んでも活路は見出せないので、何か手を打たないといけないですね。幸いにも第3戦からキリレンコが戻ってくるようなので、ガソル・バイナム・オドムの裏をガンガンとってくれれば、ジャズに有利な展開になりそうです。
あと、ブーザーが真正面から闘って苦しんでいるのに対し、ミルサップは色々と工夫して責めることで成功していますね。ブーザーは器用なプレイヤーなので、なんとかこの状況を打開してもらいたいです!

ホームで全勝し、最終7戦目のステイプルズ・センターで勝利してカンファレンス・ファイナル進出。と同時にステイプルズ・センターでの連敗(16連敗くらいでしたっけ?)をストップするなんていうのも、なかなかドラマチックで良いんですけどねぇ〜。

ミルサップ26pts 11reb 4ast 3stl 1block。デロン15pts 9ast。ブーザー20pts 12reb 4ast 1block。CJ20pts 4reb 3stl 1block。マシューズ14pts 5reb 3stl。
| ジャズ・2009-2010 | 16:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
プレイオフ2回戦VSレイカーズ 1試合目@LA
前半ずっと10点差くらいつけられていたのに、終盤に控えメンバーの活躍で逆転。3点リードしたものの、コービーの活躍等で再逆転され99-104で敗北。パッと見だと惜しい試合を落とした感じですが、実質的な力の差はかなりあるように思いました。さすがディフェンディング・チャンピオンといったところでしょうか。
コービーにやられるのは仕方ないですが、やはりガソルとオドムのインサイドが手強いですね。いつも通りですが、特にブーザーが苦戦しています。高さの差があるため、後ろから楽々とブロックやリバウンドされますからね…。ただ、ミルサップはオドムと互角にやりあえるかも?という感じも受けました。
あとは、1Qにマシューズのディフェンスにやられてターンオーバーしたコービーが、怒ってボールをフロアに投げつけていたのはテクニカルを取られず、ブーザーが「ファールされた」とアピールしたら即テクニカル取られてましたね。

試合後にスローンHCが言っていましたが、ジャズのプレイヤーはもう少し老獪さを身に付けないといけないですね。
ジャズは若い選手ばかりなので真っ向から戦い過ぎで、素直にファールしています。それに対してレイカーズの選手は、シュートチェック後に必ず少し手を当てたりと、審判にわからないようにファールぎりぎりのディフェンスをしています。
すぐに老獪さは身に付くものではないですが、さてスローンHCはどういった策を練ってくるか。第2戦も楽しみです。

個人成績は、デロン24pts 8ast。ブーザー18pts 12reb。ミルサップ16pts 9reb。CJ16pts。マシューズ14pts 7reb 3stl。コーバー7pts。
| ジャズ・2009-2010 | 00:35 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
プレイオフ1回戦 VSナゲッツ まとめ
プレイオフ1回戦 第一試合
VSナゲッツ @デンバー 113-126で負け
いきなり1Q途中にオカーが左アキレス腱断裂で離脱!主力を欠いて苦しいうえに、メロがプレイオフ・キャリアハイの42ptsの活躍。それでも最後まで離されずに頑張りましたが、終盤JRスミスが目覚めて3Pを連発し万事休す。惜しくも初戦を落としてしまいました。
ちなみに、オカーはすぐに手術して最長6ヶ月のアウト。だいたい同じ症状だとリハビリも含め8ヶ月は必要との医師の予想もあるので、来シーズンは殆ど休むことになりそうです。
デロンは26pts 11ast。ブーザーは19pts 8reb 3block。CJは17pts。ミルサップは15pts 10reb 3block。コーバーは13pts 3P 2/3。


プレイオフ1回戦 第二試合
VSナゲッツ @デンバー 114-111で勝利
オカーに代わってスターターに任命されたのはフェセンコでした。まだまだ経験不足ですが、このプレイオフで成長してくれるといいですね。
さて試合は、とにかくナゲッツのディフェンスが荒いです。以前は良い意味で激しいディフェンスをする嫌なチームでしたが、今はただただ荒いです。
ジョージ・カールがいないことも影響しているのでしょうか?
「またケガ人が増えるのではないか?」とハラハラしながらの観戦でした。
しかも前半点差をつけたものの、後半じょじょに詰められる嫌な展開。最後は1ショット差で勝っても負けてもおかしくない状態でしたが、デロンが得点・アシスト共に頑張って、なんとか勝利しました。
相手の先発全員をファールトラブルにして、メロに至ってはファールアウトさせたのも大きかったですね。まぁ、あのナゲッツの荒さでは当然なのですが。
デロン33pts 14ast 1block 1stl 3P 3/4。7TOは要注意です。
ブーザー20pts 15reb。ミルサップ18pts 5reb 2block。CJは17pts 6ast。
コーバー13pts 3P 1/2最後の3Pは大きかったです。
期待のマシューズは7pts 3reb 2stl。初のプレイオフで得点面では苦戦していますが、要所要所でメロやビラップスを上手くディフェンスしていて、数字に表れない貢献度が高いと思います。


プレイオフ1回戦 第三試合
VSナゲッツ  105-93で勝利
序盤はナゲッツに流れを掴まれますが、2Qにミルサップが大爆発!一気に流れを引き込みます。あとはもうジャズが良い流れをキープし続け4Q途中に20pts差をつけて勝負あり。
メロの危険なヒジを審判がちゃんとオフェンス・ファール取ってくれるようになったのも大きいですね。あと、メロのターンを見越して一瞬先にポジションを取るマシューズのディフェンスが素晴らしいです。メロが自分のプレイができなくてイライラしているのが良く分かりますね。
TOの数も、ナゲッツ14(メロとビラップスがTO4つずつ)でジャズが7。ジャズのスティールは10個もありました。ディフェンス・ローテーションも良く、フリーで3Pを打たれるケースも少ないし、インサイドのディフェンスもまずまず上手くいっていると思います。
オフェンス面でもパスがよく回っていて、システムが完全に浸透してチーム・オフェンスがかなり熟成されている印象です。
ミルサップ22pts 19reb 2stl。デロン24pts 10ast 3stl。ブーザー18pts 8reb。マシューズ14pts 5reb 3stl 3P 3/7。CJ10pts 4reb。コーバー8pts 6ast 2stl。そしてフェスが9pts 5reb FG 4/6でした!


プレイオフ1回戦 第四試合
VSナゲッツ  117-106で勝利
前半からリードを奪って終始リードを保ちました。終盤に3Pを連続で入れられて少し追い上げられたものの、巧みに逃げ切って勝利。
メロがイライラしてプレイしている間はジャズに勝機がありますね。やはりマシューズやCJが上手く先を読んでディフェンスしているのが良いのでしょう。ていうか、実際メロはかなりヒジを振り回してますしね。
あとはJRスミスやバードマンが調子を取り戻す前に、サクッと4勝してしまいたいです。
それからフェセンコ。なかなか頑張っていると思います。大事な場面で苦手なフリースローを2本沈めましたし(ホーナセックとキリレンコがフリースローのコーチをしたらしいです)。試合後のインタビューでもフェスの名前が良く出てきて、デロンなんかフェスの名前が出た途端ニヤニヤしてましたね〜(笑)でもデロンは「フェスがブロックしないとしても、相手にとってはゴール下の彼の存在が気になっていると思う」と評価しています。
メロは「フェセンコ?フェセンコ?いや、まぁいいと思うけど。でも、…フェセンコ?」と終始苦笑いでした。
デロン24pts 13ast 4reb 1stl。ブーザー31pts 13reb 5ast 1stl 2block。CJ21pts 1block。ミルサップ12pts 5reb。マシューズ18pts 5reb 3ast 3stl 1block。フェセンコ6pts 5reb 2block。
デロンとブーザーの二枚看板が好調を維持しているのも当然ですが、メロをディフェンスしているマシューズやCJが、オフェンスでも貢献しはじめているのが大きいですね!


プレイオフ1回戦 第五試合
VSナゲッツ @デンバー 102-116で負け
2回戦進出に大手をかけての一戦でしたが、やはりアウェイで簡単に決めさせてはくれませんでした。
デロンとブーザーは引き続き素晴らしいプレイをしてくれたのですが、ミルサップ以外の控えが全員0点だったのは痛かったです。ナゲッツの控えが37点だったのに対して、ジャズの控えがミルサップの16点のみでした。
ただ、この試合でデロンが「プレイオフの1試合目から5試合連続で20点以上&10アシスト以上」という記録を作りました!凄い!
そのデロンは34pts 10ast 4reb。ブーザーは25pts 16reb 1block。ミルサップは16pts 9reb 2stl 3block。マシューズは15pts 1block。


プレイオフ1回戦 第六試合
VSナゲッツ 112-104で勝利
なかなか良いスタートでしたが、3Qで少し失速してシーソーゲームになりました。さすがに楽には勝たせてくれない相手です。しかし、今日は控えのミルサップ・コーバー・プライスの頑張りもあって後半10点差くらいに引き離して勝利!強豪ナゲッツ相手にホームコートアドバンテージも無かったのに、見事1回戦突破を果たしました。
ここまで5試合連続20ポイント以上10アシスト以上を記録していたデロンがファールトラブルでプレイを制限されてしまいましたが、今日は他のプレイヤーが奮起しましたね。
ミルサップは21pts 11reb 3block。メロを派手にブロックしましたし、本当にミルサップは成長しましたね!
ブーザーは22pts 20reb 5ast 1stl。ナゲッツのネネがいなかったのもありますが、ゴール下を完全に支配してました。
そして、やはり一番の注目はマシューズ!23pts 5reb 4ast 1block。毎試合得点を伸ばしていて、特に今日は大事な場面で連続得点してチームを救いました。相変わらずディフェンスも良く、ゴール下で巧みにメロをブロックしてましたね。
デロンはファールトラブルでプレイタイムが少なかったものの14pts 10astと見事な活躍。ただ、最後にバードマンのスクリーンと接触して左ヒジを痛めたのが心配です。
コーバーも久々の二桁得点で10pts。
今日シュートが好調だったプライスは12pts。デロン、マシューズ、CJのファールが込んでいたので、プライスの活躍が本当に大きかったです。久々にプライスのガッツ溢れるルーズボールも見られましたしね!

さて、2回戦の相手はレイカーズなのですが、かなり厳しい戦いになるのは間違いないですね。特にレイカーズのインサイドは強力なので、オカー離脱の影響がモロに出そうです。
LAで1勝あげることができたら、面白くなりそうですけどね…。
| ジャズ・2009-2010 | 22:06 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
シーズン終盤まとめて更新 その2
VSサンダー 140-139で勝利
オーバータイムの末、相性の悪いサンダーに勝利。この日も終始接戦で、終盤10点差以上引き離したのに、デュラントの3P連発などで追いつかれてオーバータイムへ。
残り1.1秒でデロンがミドルを沈めて1点差。4Q最後に外したのと同じ位置からシュートを決めたデロン「次は絶対決める自信があった」。ブーザー「デロンは同じ失敗を2度しない!」。素晴らしい信頼関係です!
最後のデュラントに対するCJのチェックは確かにファールでしたが、まぁ誤審はしょっちゅうあるので勘弁してもらいましょう。
それよりも、デロンがキャリア・ハイの42pts 10ast。ブーザーは28pts 15reb 2stl。オカーは20pts 7reb。ミルサップは15pts 7reb。マシューズは14pts 4reb 4ast 3stl。特にオーバータイムのマシューズからデロンの3Pアシストは格好よかったですね!


VSロケッツ @ヒューストン 113-96で負け
やはり前日のオーバータイムの激戦が響きましたね。全員精彩を欠いていたと思います。まぁ、ロケッツの3Pが10/19っていうのも出来すぎですが…。
デロンは12pts 7ast。ブーザーは18pts 11reb。ミルサップは13pts 11reb 4block。コーバーは10pts。


VSホーネッツ @ニューオーリンズ 114-103で勝利
オカーがお休みで、ホーネッツのコリソンが頑張ったので余裕の勝利にはならなかったですが、まずまず楽に勝てました。
それにしても、マシューズのディフェンスや、速攻への切り替えが早くて良いですね!1試合ごとにみるみる良くなっています。
デロン27pts 16ast。マシューズ20pts 3reb 3ast。ブーザー19pts 10reb 4ast。ミルサップ15pts 10reb 6ast 2block。コーバー11pts 5reb 3P 3/7。


VSウォリアーズ @ゴールデンステイト 103-94で勝利
ブーザーが脇を傷めて2Q早々にロッカーへ。また、デバン・ジョージのブザービーター2本等で食い下がられましたが、まずまず楽な展開で勝利。
復帰のオカーが23pts 7reb。ミルサップはキャリアハイの24reb(!)。CJは16pts 7reb。プライスは14pts 9ast 6reb 2stl。デロンは10pts 7ast 5reb 2stl。コーバーは7pts。
そして、なんといってもマシューズの16pts 5reb 4ast 2stl 3blockというマルチな活躍が光りますね。


VSサンズ 100-86で負け
レギュラーシーズン最終戦。勝てばウエスト3位、負ければ5位の大事な試合でしたが、ブーザーの欠場も響いて敗北。インサイドをガチガチに守られて攻め切れませんでしたし、ターンオーバーも19と多かったです。最後に連戦っていうのも運が無かったですね。客席いたストックトンも険しい表情でした。
オカーが21pts 11reb 3P3/4。デロンは24pts 6ast 5reb。CJは14pts 7reb。ミルサップは7pts 7reb。マシューズは7pts 2stl。
| ジャズ・2009-2010 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シーズン終盤まとめて更新 その1
VSラプターズ@トロント 113-87で勝利。
グリーン・ジャージーを着た試合で、快勝でした。
デロン18pts 16ast 8reb。ブーザー18pts 11reb。オカー16pts 8reb。マシューズ16pts 8reb。コーバー12pts 3pts 2/3。ミルサップ13pts。

VSペイサーズ@インディアナ 106-122で敗北。
ユタへ出発する関係で観戦できず。グレンジャーにやられた模様。
デロン21pts 12ast。オカー27pts 12reb。ブーザー22pts 11reb。

VSウィザーズ@ワシントン 103-87で勝利
ソルトレイクシティーのスポーツレストランで観戦する予定だったのですが、NCAAがマーチマドネスで盛り上がっていて、なんとジャズ戦の放送は無し。この試合も観戦できませんでした。
デロン20pts 12ast。ブーザー20pts 10reb。オカー20pts 11reb。コーバー10pts。
| ジャズ・2009-2010 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キリレンコ復帰?!
明日はホームでプレイオフ1回戦第3試合ですね。
オカーがアキレス腱断裂で最長6ヶ月は復帰できないようなのですが、ここにきてキリレンコが「ナゲッツとの1回戦が6.7試合まで伸びれば、復帰できるかもしれない」と話しているようですね。
キリレンコが帰ってくるとかなり助かりますが、来シーズンのこともあるので、ゆっくり治してもらいたい気もします。

それはそうと、第2戦のナゲッツのプレイは荒かったですね!
特にインサイドのディフェンスは体当たり状態で、ジャズの選手がインサイドに切れ込む度に怪我しそうでヒヤヒヤしました。
それから、JRはシュートチェックの時にシューターに体を寄せ過ぎかと。コーバーがシュート後に着地する足の下に、JRの足が入りそうでしたからね。

このプレイオフでは、これ以上ジャズに怪我人が出てほしくないのですが、できるだけ勝ち進んで、若手が経験を積むためにも一試合でも多く試合してもらいたいですね!
Go!!!! JAZZ!!!!!!
| ジャズ・2009-2010 | 14:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
レギュラーシーズンが終わりました
ソルトレイクシティー情報など、今後アップ予定のブログ記事を書いているところなのですが、まずはレギュラー・シーズン終了ということで少し書こうと思います。

皆さんご存知のように、ジャズは惜しくもウエスタンの5位シードになってしまいました。相手は強豪ナゲッツで、しかもホームコート・アドバンテージ無しという厳しい状況です。ナゲッツに勝っても、その次はレイカーズかサンダーと、どちらも苦手な相手です。3位で終わっていれば少し楽だったのですが…。

個人的には、ジャズが終盤あまり安定しなかったのは、やはりキリレンコがいなかったためだと思っています。キリレンコのディフェンス力はもちろん、オフェンスで相手の裏をとってゴール下で決める、あの動きがジャズには必要だと考えています。
今のジャズには相手の裏をとって素早くダンクに持っていける選手がいないので、オフェンスが全て正面からになっています。これだと、相手ディフェンスに簡単に対応されてしまいます。しかも、D-willがかなり厳しくマークされていてペネトレイトしづらくなっているので、余計にパスが表面上でしか回らなくなっています。
ジャズのセットプレイが研究され尽くしていることもあり、なかなかスクリーンを使っても綺麗なフリーを作れないので、外からのシュート確率も悪くなります。
相手を崩した状態で攻めないので、インサイドでも相手にチェックされたまま厳しいシュートを打たなければなりません。

ですが、プレイオフにはキリレンコが帰ってくる予定です。復帰していきなり大活躍するのは難しいと思いますが、チーム・オフェンスの幅が広がるのは確かなので期待したいです。特にブーザーやミルサップといったインサイドが少し楽になると思います。

あとは、twitterで何度も言っているのですが、マシューズです!現地でもマシューズに注目して取材したのですが、彼はとても練習熱心ですし、ルーキーとは思えないようなしっかりした考えを持っています。レイカーズ戦で「コービーを上手くディフェンスしたね」と彼に言ったところ、少し嬉しそうな顔をした後「でも、ディフェンスはチームでやるものだから、今日はチームディフェンスが成功したんだと思うよ」と答えてくれました。…なんて優等生なんでしょう!!
スローンもマシューズのディフェンス力に期待していますし、レイカーズで二度優勝経験がある彼の父も「息子はジャズのシステムにばっちりフィットしている」と言っているので(元記事はコチラ)、プレイオフでの活躍も期待したいです!!

もうホーム・コートアドバンテージどうこうではなく、ただ勝つしかないですからね!信じて応援しましょう!!
GO!! JAZZ!!!! GO!!!!
| ジャズ・2009-2010 | 10:23 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ おすすめ

現地取材のプチ裏話とイラストを寄稿しています!
良かったらチェックしてみて下さい♪


現地観戦ガイドの記事を書いています!
初めて現地観戦する方にオススメです!


11月1日発売ですよ〜!
+ google
このページの先頭へ